見る・遊ぶ

北区で「零士ワールドサミット」 松本零士さん講演会やドーム映像上映会も

999号の車掌と一緒に参加を呼び掛ける東京北区観光協会の担当者スタッフ

999号の車掌と一緒に参加を呼び掛ける東京北区観光協会の担当者スタッフ

  •  
  •  

松本零士をテーマにした「零士ワールドサミットin東京北区」が11月2日、3日、東京都北区で開催される。主催は東京北区観光協会。

 「銀河鉄道999(スリーナイン)」などの代表作で知られる漫画家・松本零士さんの作品を地域おこしなど振興に生かす団体が集まり、情報交換や情報発信、交流を深める事を目的とした同イベントは2012(平成24)年には群馬県富岡市、2016(平成28)年には愛媛県大洲市で開催され、今回で3回目。

[広告]

 松本零士さんは、北区の「滝野川馬場商店街」商店街キャラクター「うっぴー」のデザインのほか、同商店街の看板デザインなども手掛けている。

 2日赤羽会館で、松本零士さんによる「特別講演会」、松本零士さんゆかりの団体が取り組みなどを発表する「サミット」、かつてプラネタリウムだった「北とぴあ6階ドームホール」でメカデザイナーの板橋克己さん協力の下、「ドーム映像上映会」が開催される。期間中、飛鳥山博物館で原画や複製画など過去作品や歴史を振り返る特別展示「松本零士展」も開催される。

 観光協会担当者は「ご本人の生の声が聞けるチャンスなので、たくさんの人に参加してほしい。既に多数のお申し込みをいただいているので、興味のある方はお早めにお申し込みいただければ」と呼び掛ける。

 特別講演会(先着順)とドーム映像上映会(抽選)は事前申込制。「松本零士展」の開催時間は10時~16時(3日は15時まで)。全て入場無料。申し込みはホームページで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加