見る・遊ぶ 学ぶ・知る

北区飛鳥山博物館で人間国宝「奥山峰石展」 名誉都民顕彰記念企画

展示作品 打込象嵌壷「枝垂れ桜」(写真提供 東京都北区)

展示作品 打込象嵌壷「枝垂れ桜」(写真提供 東京都北区)

  • 50

  •  

 北区飛鳥山博物館(北区王子1)で9月28日、「人間国宝 奥山峰石 名誉都民顕彰記念展」が始まる。

奥山峰石作品「切嵌象嵌牡丹文鉢」

 人間国宝で北区名誉区民の奥山峰石さんが「平成30年度 東京都名誉都民」に選ばれたことを記念して開く同展。関連企画として9月14日~10月14日は「特別展覧会 第18回 人間国宝 奥山峰石と北区の工芸作家展」も開催。北区ゆかりの工芸作家20人の金工・陶芸・ガラス・友禅作品を並べる。

[広告]

 記念展では北区所蔵と東京都所蔵の作品約20点を予定する。9月28日は奥山峰石さんが「作家人生」をテーマに講演会を行うほか、10月13日は本人による作品解説「飛鳥山アートギャラリー奥山峰石氏 作品を語る」を行う。

 講演会は定員先着50人。入場無料。「飛鳥山アートギャラリー奥山峰石氏 作品を語る」は9月14日から北区文化振興財団ココキタ(TEL 03-6338-5711)で必要事項を明記の上、メールまたは電話で受け付ける。

 開催時間は10時~17時。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌平日休館)。記念展は10月6日まで。観覧無料。