見る・遊ぶ

北区内で「桜ウォーク」 オリパライベント同時開催、エキシビションマッチも

間もなく見頃を迎える桜を眺めながらウオーキング(昨年の様子)

間もなく見頃を迎える桜を眺めながらウオーキング(昨年の様子)

  •  

 北区内で石神井川沿いの美しい桜景色を眺めながら歩く「桜ウォーク2019」が3月31日、開催される。

区内の桜の名所を歩く同イベントには子どもから大人まで幅広い世代が参加するという(昨年の様子)

 北区では「みんな元気!いきいき北区」を区の基本目標とし、区民の健康づくりに繋がる取り組みの一環として春と秋にウオーキングイベントを開いている。北区と健康づくりに関する包括連携協定を締結している味の素からスタート地点で経口補水液「アクアソリタ」を進呈する。「東京2020大会500日前記念イベント」と同時開催。

[広告]

 「桜ウォーク」を開催する王子周辺は、石神井川や飛鳥山公園、音無親水公園など桜の名所が密集しているため花見客も多く、例年2000人前後が参加する。

 コースは「北区役所中庭(王子本町1)」をスタートし、「石神井川沿い北側遊歩道」「緑橋」「帝京大学」「ROUTE2020トレセン通り」「姥ケ橋交差点」「稲付西山公園」「国立スポーツ科学センター」「赤羽スポーツの森公園」のゴール地点までの約6キロの道のり。ゴールした参加者には記念バッジを進呈する。

 ゴールの赤羽スポーツの森公園では記念イベントとして、日本女子サッカー・ユースチームによるエキシビションマッチ(日テレ・メニーナ対浦和レッドダイヤモンズレディースユース)を行うほか、アシックスジャパン(シューズ展示、試し履き、競技用車いす体験)、東京ガス(ボッチャ、競技用義足体験)、近畿日本ツーリスト首都圏(VRフェンシング)などのオリンピック・パラリンピック関連ブースが並ぶ。

 開催時間は9時~13時30分(受け付けは10時まで、事前申し込み不要)。エキシビションマッチは13時キックオフ、先着順。オリンピック・パラリンピック関連ブースは10時~15時。観覧・参加無料。