食べる

赤羽の創作ダイニング「ベジアンドミート」料理長が念願の独立へ

店主の沼田さん(左)とA5ランクの肉をもつスタッフの杏香さん(右)

店主の沼田さん(左)とA5ランクの肉をもつスタッフの杏香さん(右)

  •  
  •  

 赤羽の「有機野菜と和牛の創作ダイニング Vegi&Meat(ベジアンドミート)」(通称=ベジミ)(北区赤羽1、TEL 03-5939-7291)店長兼料理長の沼田和浩さんが11月1日、念願の独立を果たした。

沼田さん独立記念パーティには常連客を中心に多くの人が集まった(写真提供=Vegi&Meat)

 懐石料理店で長年修業を積み、誘われた香港の和食店に5年間の勤務経験を持つ沼田さんは同店オープンから店の運営、メニュー、仕入れなどを任されていた。独立に当たっては常連客が増えた事や「ベジミ」の名前が定着していることから店名を変更せず営業することを決めたという。同店は、来年1月12日で通算4周年を迎える。

[広告]

 11月30日は沼田さんの独立記念イベントを行い、満席となった。現在の利用客は地元企業で働く人や会社の接待、女子会での利用が多いという。中には出張の度に立ち寄る客や、遠方から通う客もいるという。

 沼田さんは「今後も料理のジャンルもさまざまに、旬の食材にこだわり、さらにクオリティーの高いものを追求するスタイルを続けていく。『沼田の料理は赤羽でしか食べられないんだ』と言ってもらえるよう、料理の質も認知度も高めていきたい」と意欲を見せる。

 メニューは、「柔らか牛タンの味噌デミグラス煮込み」(1,800円)、「白身魚の生うに巻き揚げ」(1,280円)、「ぬか漬け」(300円)、「からすみ大根」(680円)、「生ハムと有機野菜サラダ」(800円)などのほか「A5ランクステーキ」「各種お造り」「エゾアワビガーリックバター」など旬のおすすめメニューを日替わりで用意する。沼田さんの冬の自信作は「ベジミのカキフライ(3個)」(900円)という。価格は全て税別。

 沼田さんは「オーナーという立場になってから地域の人やほかの店との関わり方が一層深くなったと感じる。最近は地域の人の集まりなどでも使っていただけるようになった。店づくりは街づくりと言うのでこれからも、地域に根差していきたい。初めての人も気軽に立ち寄っていただければ」と呼び掛ける。

 営業時間は17時~24時。日曜定休、月曜が祝日の場合休業。年末年始休業は12月31日~1月5日。全席禁煙。