食べる

十条に南インド料理店「カレーリーブス」 店主は3人のITエンジニア

店主のアシフさん(左)ジシャードさん(中)ソマさん(右)とスタッフ(後列) 店の前で

店主のアシフさん(左)ジシャードさん(中)ソマさん(右)とスタッフ(後列) 店の前で

  •  
  •  

 十条に1月20日、南インド料理店「カレーリーブス」(北区十条仲原1)がオープンした。

スパイシーなチキンマサラの包み揚げ チキンサモサ

 店主はアシフさん、ジシャードさん、ソマさんの3人。全員、現役ITエンジニアという異色の経歴を持つ。店舗面積は1階・2階を合わせて約17.5坪。席数は1階=7席、2階=22席。

[広告]

 ジシャードさんの妻の家庭料理教室で「もっと南インドの料理を知りたい」という生徒の一言がきっかけとなり開業を決心したという。約1カ月のプレオープン期間を経て、1月20日にグランドオープンした。

 メニューは「チキンパフス」(250円)、「ベジタブルサモサ」(150円)、「チキンサモサ」(200円)、「スパイシーチキンスープ」(350円)、「マサラドーサ」(890円)、「チキンビリヤニ」(1,080円)、「マトンビリヤニ」(1,200円)など。ソマさんのお薦めは「ノンベジミールス」(1,490円)と「ベジタブルミールス」(1,200円)。

 ドリンクは「カルダモンチャイ」「スレイマニ」「カタンチャイ」(以上300円)、「マサライチャイ」(350円)など。

 「将来的には南インドの本格料理をチェーン展開していきたい」と話すのは店主の一人、ジシャードさん。「南インドのシェフによる本格的な南インド料理を多くの人に楽しんでほしい。日本にもっと南インド料理を広めたい。初めての人も気軽に足を運んでもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~21時。第1・3・4火曜定休。

  • はてなブックマークに追加