見る・遊ぶ

北区観光写真コンテスト入賞作品決まる 期間限定で入賞作品展示も

展示されている入賞作品

展示されている入賞作品

  •  
  •  

 「第8回 北区観光写真コンテスト~とりにキタ。~」の作品入賞が、期間限定で北区王子の北とぴあ(北区王子1)1階受付前スペースで展示されている。主催は東京都北区。

北とぴあ1階受付前スペースの様子

 コンテストは、写真を通して北区の魅力を再発見し広く伝えていく目的で開催された。募集作品のテーマは「鉄道部門」「観光部門」の2部門。今回は初めてインスタグラムを活用し、2018年9月3日~11月30日の期間に「torikita2018」のハッシュタグを付けて投稿する方法で作品を募った。2月末に入賞作品が決定、3月1日から同協会のインスタグラム及びホームページなどでも紹介されている。

[広告]

 入賞作品は、鉄道部門=JR東日本東京支社長賞「西陽を浴びて」、東京都交通局長賞「大好きなピンク色の荒川線」、観光部門=区長賞「泣き相撲」、区議会議長賞「静かなる庭園」、観光協会賞鉄道部門=「往来」「富士に見守られる京浜東北線」「都電の美景」「snake」「舞台裏」、観光協会賞観光部門=「独り占め」「赤水門夕景」「楽しいお城」「秋の装い」。

 北とぴあに立ち寄った区内在勤の30代女性は「作品の風景はいつも目にしている場所だが、入賞作品はすてきな写真ばかり。インスタグラムで応募できるなら次は私もチャレンジしてみたい」と話す。

 展示時間は8時30分~22時。3月28日まで。以降は、17階展望フロアでも展示する予定。

  • はてなブックマークに追加