食べる

十条の駅裏カフェ「キッサ フムフム」 美大卒店主が朝8時から切り盛り

手作りの温もり感を大切に作られた店内

手作りの温もり感を大切に作られた店内

  •  
  •  

 カフェ「キッサ フムフム」(北区上十条1)が3月1日、北区十条エリアにオープンした。

「ビクトリアケーキ」(手前)、「バタートースト」(左)、「プリン」(奥)、「コーヒー」(右)

 店名は「相づちを打つときの『ふむふむ』から取り、喫茶をカタカナにしたのは昔懐かしい言葉の響きを今の時代に合うように表現したかったから」と、店主の熊谷弥奈美さん。店舗面積は約5坪。席数はカウンター席6席、テーブル席2席。

[広告]

 熊谷さんはもともとプロダクトデザイナーになるために美術大学へと進学。そこで食品パッケージ、スプーン、フォークなどのデザインを勉強していくうちに食へ興味を持ち、カフェを開きたいという夢を持つようになったという。大学卒業後にバリスタとなり、パン職人、ウエイターも経験。実家のあるJR武蔵浦和駅を通る埼京線沿線で物件を探していたところ、イメージに合った場所を十条で見つけ、オープンにこぎ着けた。美術大の経験を生かして、白を基調とした店内は自分で塗装したという。

 ドリンクメニューは「コーヒー」(350円)、「アイスコーヒー」「アイスルイボスティー」(以上400円)、「カフェオレ」「アイスオレ」「紅茶」「ルイボスティー」(以上450円)、「ロイヤルミルクティー」(500円)。フードメニューは「バタートースト」(300円)、「プリン」(400円)、「ビクトリアケーキ」「あんバタ」(以上450円)、「いちごあんバタ」「クロックムッシュ」「ニンジンスープ」(以上500円)。

 コーヒー豆は北海道の森彦から取り寄せ、パンやケーキの生地に使う小麦粉は国産、バターは発酵バターと、よりすぐりの素材で、メニューは全て熊谷さんが手作りで提供する。

 「JR十条駅南口からすぐの路地裏にある、女性でもふらっと立ち寄れる素朴なお店。くつろぎたい人、飲食を楽しみたい人、おしゃべりしたい人、たくさんのお客さまに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は8時~16時(土曜・日曜=10時~18時)。月曜・火曜定休。全席禁煙。

  • はてなブックマークに追加