暮らす・働く

「東京都北区赤羽」の漫画家・清野とおるさん結婚 区民や区長らも祝福の声

東京都北区役所第一庁舎のフォトスポット(第一庁舎1階)

東京都北区役所第一庁舎のフォトスポット(第一庁舎1階)

  •  
  •  

 「東京都北区赤羽」で知られる漫画家・清野とおるさんが11月22日、ツイッター上で入籍を発表した。お相手はタレントの壇蜜さん。

清野さんと壇蜜さんが撮影したフォトスポット(第一庁舎地下1階)

 清野さんはツイッターで「こんなマイナーカルト漫画家と、壇蜜さんが北区役所で『入籍』とか意味がわからないですよね…。僕もまったく意味がわかりません。3年くらい前に結婚は完全に諦めたので『ラッキー』でした。これからも赤羽に住みつつ、くだらない漫画を描き続けていく所存ですので、よろしくお願いします」(以上、原文ママ)とコメントしている。

[広告]

 東京都北区では2016(平成28)年からシティプロモーション用のPRポスターや各発行媒体に清野さんのイラストを起用しており、北区広報課の担当職員も、この日は朝からメディアの取材対応に追われている一方で「うれしい悲鳴だ」と笑顔を見せた。

 北区役所第一庁舎(北区王子本町1)には、同ツイートにも登場した清野さんのイラストで「本当におめでとう」と書かれたポスターが1階と地下1階に設置されており、一般の入籍記念の撮影スポットになっている。

 7月から赤羽に引っ越したという30代男性は「夫婦で引っ越してきたが、清野さんの漫画で町のことを勉強した。読者としても区民としてもうれしい」と話す。この日、区役所に訪れていた50代男性は「結婚をラジオで知った。北区を盛り上げてくれる清野さんは区民にとってもありがたい存在。奥さまも人柄のよさそうな人で、本当におめでたい」と話す。

 同発表を受け、区内産業界からもSNSなどを通じて祝福の声が上がっている。同日16時台には、ホームページで、花川與惣太(よそうた)区長もお祝いコメントを発表した。

  • はてなブックマークに追加