見る・遊ぶ 買う

北区花火会プログラム発表へ 渋沢栄一、エレカシ、米津玄師の音楽花火も

過去の開催の様子

過去の開催の様子

  •  
  •  

 荒川河川敷・岩淵水門周辺(北区志茂5)で9月28日に開催する「北区花火会2019」のプログラムが発表された。

赤水門エリア

 同花火会は、北区を代表する民間団体が中心となり開催する「花火協働事業」。今年で8回目。

[広告]

 今年は、第1幕「グランドオープン祝!令和元年」(陸上自衛隊第1師団1音楽隊の演奏による音楽花火)、第2幕「花火Theatre 渋沢×北区」(新1万円札の顔となる渋沢栄一翁のストーリー花火)、第3幕「第4回北区芸術花火博覧会」(日本芸術花火協会所属の花火師が自慢の花火を披露)、第4幕「エレファントカシマシ エビバデ!住めば北区東京」(昨年に続くコラボ企画、エレファントカシマシ楽曲を使用した音楽花火)、第5幕「グランドフィナーレ2020とその先へ」(米津玄師さんの楽曲を使用した音楽花火)の5プログラムが用意される。

 同実行委員会担当者は昨年好評だったというエレカシとのコラボについて「今年も実現することができた。昨年JR赤羽駅の発車メロディに採用され、赤羽にゆかりある『エレカシ』の名曲とともに花火を楽しんで欲しい」と話す。「ほかにも、北区にゆかりのある渋沢栄一や様々な話題を詰め込んだプログラムになっている。それぞれのファンにも楽しんでもらえれば」とも。

 当日は、フードコート(12時~)、ステージパフォーマンス(13時~)なども楽しめる。

 有料席チケットは「青水門パーソナル席(1人用)」(3,500円)、「青水門カップル席(2人用)」(8,500円)、新設の「青水門グループ席(4人用)」(14,000円)、「ファンゾーン(1人用)」(1,000円)、「赤水門パーソナル席(1人用)」(3,000円)、「赤水門カップル席(2人用)」(7,000円)、増席した「赤水門リバーサイドプレミアム席(テーブル付き4人用)」(20,000円)などを用意する。

 花火打ち上げ時間は18時30分~19時30分。打ち上げ総数は8888発。チケットは公式ホームページ、チケットぴあなどで販売中。

  • はてなブックマークに追加