見る・遊ぶ

赤羽駅前にライブハウス「赤羽ReNYα」 250インチ背面LEDスクリーン、近未来感を演出

店長の岩崎さん ステージの前で

店長の岩崎さん ステージの前で

  •  
  •  

 赤羽に5月18日、ライブハウス「赤羽ReNY alpha(レニーアルファ)」(北区赤羽1、TEL 03-6903-9020)がオープンした。

ステージ背面のLEDスクリーン

 東京、大阪、名古屋でライブハウス運営を手掛ける「アズミックス」ルイードグループ(渋谷区)の10店舗目となる同施設。場所は、JR赤羽駅東口近くの、書店やスポーツクラブなどが入居する9階建て複合ビルの地下2階。

[広告]

 収容人数は600人。5月18日・19日の「赤羽ReNY alphaグランドオープニング」では、アーティストの清春さんを招いた。当初2日公演を予定していたが、追加公演を設定する盛り上がりを見せた。

 音響設備はロック、ヘビーメタル、ポップス、アイドルなど幅広いジャンルに対応する。現在、アニメ関係者やVチューバーからの問い合わせも入っているという。今後、女性ロックバンド「SHOW-YA」や浅倉大介さんなどの公演を予定している。

 同社に10年前に入社し、大阪と渋谷の店舗運営経験を持つ、店長の岩崎マサルさんは「ロゴに使っているα(アルファ)は、はじまりの記号ということで、演者が『スタートする場所』との意味も込めている、お客さまにはライブハウスという異空間でプラスアルファの何かを見いだしていただければ」と話す。

 施設の特徴は、ステージ背面の250インチLEDスクリーン。会場内に8つのモニターも設置する。「映像と音楽を楽しんでいただきたい」と岩崎さん。「映像、照明、音響だけでなく、来場したお客さまからアクセスの良さに対する反響が多かった。都心だけでなく、北関東からのアクセスの良さが魅力になっている。来場した人のSNSで、住み心地も良さそうだというコメントもあった」と話す。

 すでに赤羽で昼飲みを楽しんだという岩崎さんは「お客さまにはライブ前後に赤羽の飲み屋街も楽しんでほしい」と笑顔を見せる。

  • はてなブックマークに追加