見る・遊ぶ 学ぶ・知る

田端ゆかりの俳優 芥川比呂志の特別展 父・龍之介に似た肉声テープも

芥川比呂志 没後40年特別展 展示風景

芥川比呂志 没後40年特別展 展示風景

  • 3

  •  

 田端文士村記念館(北区田端6)で現在、常設展示スペース特別展「芥川比呂 没後40年特別展」が開催されている。

芥川比呂志の生涯 年譜の紹介

 同館の木口さんは「没後40年のメモリアルの年に、偉大なる父の影と共に歩みながらも、演劇という大きな舞台に自らの道を切り開いていった比呂志の活躍を皆さんに知ってもらえれば」と話す。

[広告]

 芥川比呂志は文豪・芥川龍之介の長男として東京都北区に生まれ幼少期を田端で過ごした。その後、俳優、演出家として活躍。同館は田端にゆかりのある文士や芸術家の歴史を後世に伝える記念館として開館しているため、今回の特別展の開催が決まった。

 同展では、田端で過ごした幼少期から、太宰治、三島由紀夫らとの交流、俳優・演出家に至るまで芥川比呂志の生涯を紹介している。

 同館の木口さんは、「比呂志が太宰の作品を朗読しているカセットを館内で流している。龍之介の肉声は残っていないが、比呂志の母・文によると、龍之介の声は比呂志の声に、もう少し丸みを加えたような声だという。俳優・演出家として活躍した比呂志の年譜や有名作家との交流が分かる資料も見どころ」と来館を呼び掛ける。

 開館時間は10時~17時。月曜と祝日の翌日休館(月曜が祝日の場合は火曜・水曜休館、祝日の翌日が土曜・日曜の場合は翌火曜休館)。入館無料。5月5日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース