食べる

田端駅近くに立ち飲み「タバタバー」 田端愛あふれる空間に

「タバタバー」外観

「タバタバー」外観

  •  
  •  

 JR田端駅近くに11月30日、立ち飲み「タバタバー」(荒川区東尾久4)がオープンした。

店長の櫻井さん

 内装は昔から町工場の多い田端エリアの雰囲気にヒントを得て「インダストリアル」をテーマにした。おしゃれさにこだわったと言う。店舗面積は3.7坪で、収容人数は10人ほど。街の人が楽しめるように「田端」の音を含む店名を考え名付けた。

[広告]

 田端で商売する家系に生まれ4代目、現在は田端のコンビニ店店長と田端のウェブマガジンの編集長という肩書きを持つ店長の櫻井寛己さん。「昔からの知り合いだけでなく、地元企業で働く人や、近隣住人が仕事帰りに立ち寄ってくれるようになった。田端の飲食店をあまり知らない人には地域の店情報を紹介することもある」と地元のハブ機能としての役割も果たす。

 ドリンクメニューは、「サッポロラガー(瓶)」(550円)、「ハイボール」「黒霧島」「二階堂」「バイスサワー」(以上500円)、「ホッピーセット」(450円)、「ジンビーム」「角ウイスキー」(以上400円)など。そのほかカクテル、ソフトドリンクも。櫻井さんのお薦めは「定番」(400円)、「甘味」(500円)、「塩味」(600円)、「本気の国産」(800円)と4種をそろえた「レモンサワー」。

 フードメニューは、「薫製卵を載せたポテトサラダ」「自家製薫製卵」「自家製スモークチーズ」「出汁(だし)たっぷりのだし巻き卵」「大葉とちりめんじゃこの冷や奴」(以上300円)、「合鴨スモーク」「秋田のいぶりがっこチーズ」「自家製ギョーザ」「カキフライ」「唐揚げ~ネギソースを添えて~」「ポテトフライ」(以上500円)など。「気取らず気軽に頼めるメニューを心掛けた」という。

 「田端が大好き」という櫻井さんは「田端は自営業者が多く、昔から住人同士のあいさつが飛び交う街。ここでも街の人が交流し、街を楽しめる空間にしていきたい」と話す。

 営業時間は18時~23時。日曜定休(年末年始は不定休)。

  • はてなブックマークに追加