見る・遊ぶ 学ぶ・知る

田端文士村記念館で「散策会」 旧居跡巡りで詩人と彫刻家の友情と生誕130年振り返る

同館で開催した過去の散策会の様子

同館で開催した過去の散策会の様子

  •  
  •  

 田端文士村記念館(北区田端6、TEL 03-5685-5171)で6月16日、散策会「室生犀星と吉田三郎の友情~故郷金沢と田端~」が開催される。

(左から)吉田三郎・室生犀星・田辺孝次・幸崎伊次郎 © 室生犀星記念館

 詩人・室生犀星(むろうさいせい)と彫刻家・吉田三郎、2人の生誕130年を記念して同館で5月14日から開催している企画展「竹馬の友 犀星と三郎~ふるさと金沢から田端へ~」の関連イベント。

[広告]

 北区田端で仕事の基盤を築いたという2人は、故郷・金沢の犀川で遊んだ幼なじみ。犀星は自伝的小説「泥雀(どろすずめ)の歌」「弄獅子(らぬさい)」などに三郎を何度も登場させている、没年、斎場までも同じなど、多くの共通点があることでも知られている。

 当日は、館内で1時間程度、2人の功績を作品やエピソードから振り返る講義を行った後、2人の旧居跡やゆかりのある萩原朔太郎、板谷波山の旧居跡などを1時間程度散策する。

 同館担当者は「ご参加いただければ、開催中の企画展もよりいっそう楽しんでいただけるのでは」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は13時~15時。定員は先着80人。参加無料。

  • はてなブックマークに追加